• ホーム
  • バイアグラ成分シルデナフィルの性交での作用

バイアグラ成分シルデナフィルの性交での作用

笑顔の男性

ED治療薬として世界的にも有名なバイアグラは、服用する事によって円滑な性交を行う事を手助けしてくれる事は知っていても、それがどのように作用するのかを理解していない人もいて、はじめて服用しようとする際には服用するとペニスが勃起し続けるのではないかと考えている人もいます。
しかし、実際にはそういう訳では無く、バイアグラを服用したからと言って勝手にペニスが勃起するという訳では無いです。
それならばバイアグラがどのようにEDを改善してくれるのかを説明します。
バイアグラに含まれている成分はシルデナフィルであり、シルデナフィルにはPDE5阻害作用があります。
PDE5というのは体内に存在している酵素であり、勃起を促す物質であるcGMPを分解する作用があります。
PDE5を阻害するという事は、cGMPによる勃起の持続効果を維持するのを手助けする役割があるという事になります。
それでは勃起を促すcGMPはどのようにして作られるのかというと、性的な興奮状態に脳の中枢神経がなる事によって神経を通り陰茎に伝わります。
そうすると一酸化窒素が放出されるのですが、それがcGMPの増加の原因となるのです。
つまり、あくまでもバイアグラは勃起をした際にそれを維持するのをサポートしてくれる効果があるのであり、勃起をするための性的な興奮状態を作り出す部分にはバイアグラの成分のシルデナフィルは関与しているわけでは無いので、服用して効果が出たからといって勝手に勃起をするという訳では無いのです。
バイアグラの他にED治療薬はいくつか出ていますが、それらはすべてPDE5阻害剤であるので基本的な役割は同じです。
ただ、実際の効果については構造が違うために全く同じという訳では無く、それぞれで特徴があります。

関連記事
人気記事一覧