• ホーム
  • バイアグラのEDへの効果の理由

バイアグラのEDへの効果の理由

幸せなカップル

バイアグラは世界で初めて実用化されたED治療薬であり、これまで世界中のED患者を治療してきた実績があります。
このEDの治療効果の理由には「PDE5」と呼ばれる酵素が関係しています。
まずそもそもどうして勃起が起きるのかというと、その始まりは一酸化窒素にあります。
この一酸化窒素は男性が性的興奮や性的刺激を得た際に脳から放出される物質で、これによって陰茎の中ではcGMPと呼ばれる物質が増加します。
このcGMPは陰茎部の血管を拡張させる作用があり、これによって血管が拡張されることで普段よりも多くの血液が陰茎の海綿体に流れ込むようになるのです。
陰茎海綿体に血液が多く流れ込めば陰茎は硬化して勃起状態になるわけですが、これで終わりでは一度勃起すると永遠に勃起したままになってしまいます。
それでは生活において大きな不便が生じますから、脳は性的興奮が収まった頃にPDE5酵素を作り出します。
このPDE5酵素はcGMPを破壊して効果を失わせる役目を有しており、このPDE5によってcGMPが破壊されると陰茎海綿体の血管が収縮して勃起が終わるといった具合になっています。
さて、先に述べた通りバイアグラの治療作用はPDE5酵素と大きく関係しているわけですが、バイアグラは服用された後にこのPDE5酵素の働きを抑える作用があるのです。
PDE5酵素の働きが抑えられるということはcGMPが破壊されづらくなる、ざっくりと言ってしまえば勃起が解除されづらくなりますから、これによってバイアグラはEDの治療を実現したわけです。
もちろん永遠にPDE5を阻害するのではなく薬の成分が代謝されれば元に戻りますから、一部で思われているようにずっと勃起が続くと言うことはありません。
薬の作用としてEDの治療効果があると分かっている薬は少なく、バイアグラはその中でも世界で初めて実用化されたということで非常に価値の高い薬と言えるでしょう。
その後、バイアグラの特許が切れたことにより、他の製薬会社が同じ成分で薬を開発して、バイアグラのジェネリック医薬品で有名なカマグラゴールドなどが登場しました。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索